ダイソンコードレス掃除機 v8を使っての感想

ダイソン

私のダイソン歴

現在3台目ダイソン掃除機を使っています。最初に使ったのは約10年前。犬&猫を飼っている友人が、ダイソンを買ったと知って私も真似して買ったのがきっかけ。当時はワンルームに住んでいました。吸引力のある掃除機なんて必要ない時でした(笑)。購入した機種はコード付きタイプ(品番不明)

5年後1LDKのマンションを購入。コードレスタイプ掃除機D35に買い替えました。さらに5年後の2015年。犬を飼い始めたことをきっかけに、「v8シリーズ」に買い替えました。

ダイソンはやっぱりいいのか?

10年間ダイソンを使い続けて思うこと。

「やっぱりいい」

友人宅、、実家、職場などで他社の掃除機を使ってみると、やはりダイソンはゴミを吸うと思います。もちろん日本メーカーでもいいものはあるのでしょうが、デザインと吸引力でダイソンを愛用しています。

ちなみに職場の掃除機は私がセレクトしています。予算が限られているのでダイソンではありません。ちなみにマキタ社を使用。

 

吸引力は落ちないは本当?

「落ちる」と思います。

正確には「毎日掃除機本体の掃除をしなければ落ちる」

掃除機の欠点は、本体を丸ごと水洗いできないこと。小まめな性格ではない私は、
日に日にゴミが本体に詰まり吸引力が落ちていると思います。(現在 掃除機の掃除は2週間に1回程度)

Dyson 掃除機V8シリーズ

商品特徴

ここでは私の興味のあることだけを記載します。
(1)パワーアップ
(2)最長40分の稼働時間
(3)掃除機のパイプが短くなったこと(日本用)

こちらのシリーズ。実はホームページを見てもわかりにくい。V8シリーズで販売されているのは3種類。本体は全て同じ。標準メインヘッド(吸い口)が違うだけで名前が違います。

<dyson V8 シリーズ商品>

(1)「Animalpro」(アニマルプロ)
(2)「Fluffy」(フラフィー)
(3)「Absolute」(アブソリュート)

 

「Animalpro」(アニマルプロ)

最初名前に惹かれて見に行きました。ダイソンはネーミング上手です(笑)

こちらの商品は「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」という絨毯用ヘッドが標準装備。絨毯でも毛が綺麗に取れるヘッドです。


(公式ホームページより)

 

「Fluffy」(フラフィー)

「ソフトローラークリーナーヘッド」が標準装備。主にフローリング用ヘッド(絨毯でも使用可)

ちなみにフラフィーは英語で「ふわふわ」という意味。ヘッドがふわふわにできています。


(公式ホームページより)

 

 

「Absolute」(アブソリュート)

「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」の2つが標準装備。
一番高額商品です。

 

ちなみに私が購入したのは「Absolute」(アブソリュート)
1LDKですが、「フローリングのリビング」と「じゅうたんの部屋」があるため、購入を決めました。

使ってみての感想

<よかった点>

ダイソンDC35からの買い替えでした。V8は明らかにパワーが強いです。
現在犬を飼っていますが、抜け毛はほとんど完璧に吸い取っています。さらに絨毯の部屋は、専用ヘッドを使って明らかに埃が多く取れるようになりました。

レビューなどで、音の大きさを言われていますが、私自身は気になっていません。

(2)充電稼働時間が40分に延長(強さで稼働時間が変わります)。これで1LDKの掃除は問題なくなりました。ちなみに過去に使用していたDC35は稼働時間15分。丁寧に掃除をしていると途中動かなくなっていました。コードレスタイプは稼働時間の問題はありますが、コードのストレスがないので愛用しています。

 

<気になる点>
(1)やっぱりお値段。だって掃除機に10万円。家電好きの私でもさすがに迷いました。表参道直営店で実際に使って見て決断しました。

(3)ヘッドが2つあること。交換がめんどくさい。これは、私の性格が原因ですが、毎日感じています(苦笑)。それでも、絨毯の部屋は専用ヘッド(ダイレクトドライブクリーナーヘッド)の方がゴミを吸うので、頑張って交換しています。

(4)上記の話とダブりますが、付属品がたくさんあっても使いこなせない。
付属品で愛用しているのは、フトンツールのみ(ソファーに使用しています)

総合評価

買ってよかった家電です。毎日の埃は以外と多いもの。日々綺麗に暮らしたい私は満足しています。

次のページでは直営店で購入した理由を書いています。