パイオニア住宅用天井スピーカー「ACCO」使った感想

パイオニア

パイオニア製 住宅用音楽システム「ACCO」


(公式ホームページより)

天井にスピーカーを埋め込んで、操作パネルで音楽を操作するシステム。工事が必要です。

使った感想

2013年に購入。キッチンリフォームと同時に工事しました。

よかった点

■スピーカー本体の高さが短いため、設置できる可能性が高いこと。現在天井スピーカー設置方法は2つ。天井に埋め込む「埋め込み式」とスピーカーが見える「吊り下げ式」

私は、BOSEの埋め込み式天井スピーカーを希望していたのですが、マンションの上の階との隙間が狭いため不可能と判定されました。埋め込み式を希望していた私には最も評価したい点です。

■音漏れ効果がついていること
天井スピーカー特有の音漏れ効果を防止するシステムが導入されています。これは安心材料だと思います。


(公式ホームぺージより)
ACCOスピーカーについての説明はこちら

使いづらい点
■本体パネルの電源が起動するまでが遅いこと
テレビやパソコンの立ち上げに慣れていると、毎回すごく遅く感じます。この機械は天井でインターネット回線に接続されています。

立ち上がるまでの時間に、音符マークが1つづつ表示されますが、せっかちな性格の私には気になる遅さです。銀行の ATM操作より遅い!?

■本体機能のインターネットラジオの設定方法が難しい&手間がかかること

■環境音(世界の鳥やカエルの鳴声 ハワイ島の渓谷の音など)は全然使わないこと。マンションに住んでいるので雰囲気が出ないんだもの(笑)

私の使い方

(公式ホームぺージより)

本体だけでも使えるインターネットラジオ設定は、使いづらいので現在は使っていません。Apple社のiPodtouchを購入して、アプリでインターネットラジオを聞くことで解決しています。
パイオニア公式ホームページ写真もipod-touchが設置されていることからみても、本体のみで使用とは考えられていないのか??